亜鉛が体内に不足すると

スポンサードリンク

亜鉛は体内の中で主に新陳代謝をする役割をしている栄養素です。一日あたりに必要な摂取量は約15ミリグラムです。

亜鉛は喫煙、飲酒、繊維物質、運動、ストレスなどの生活習慣や食生活のなかで失われやすい性質があります。

亜鉛欠乏症になると髪の毛が抜けたり、病気に対する抵抗力がなくなったり、味覚が鈍くなったり、脳の働きに支障をきたしてその結果老化が進行したりとかなり深刻な症状が現れます。


サプリメント食材としての亜鉛

                    スポンサードリンク

これで亜鉛は健康維持のためにも摂らなければいけないものだということがよくおわかりになったかと思います。亜鉛は失いやすい栄養素ですが、多くの食材に含まれているので簡単に摂取しやすいものでもあります。

亜鉛を多く含む食材としては、牡蠣やレバーが有名ですが、他にはうなぎたらこなど野菜ならほうれん草、ブロッコリー、そらまめなどそして海草やひじきにも多く含まれて居ます。これらのなかに苦手なものが多くある人は毎日食べていられませんよね。だいがいの人が口にできる一番身近な食物は肉です。亜鉛を沢山含んでいる肉は、鶏肉のササミや豚肉、牛肉の肩ロースなどです。亜鉛を摂取したい場合には肉を食べていれば大丈夫です。

ただ、やみくもに肉を食べていればいいというものではなくこれらの食材から亜鉛を効率よく吸収するにはクエン酸やビタミンCやステアリン酸と一緒に摂取するのがいいとされています。クエン酸やビタミンCはレモンなどの柑橘類やお酢梅干などに多く含まれていて大体はすっぱい味がします。ステーキなどにレモンが時々ついてくるのはこういうことが理由かもしれません。柑橘類は体内で肉に含まれている脂質の吸収を抑える役目もするので一石二鳥ですね。それと忘れてはいけないのはたんぱく質です。たんぱく質は摂取された亜鉛を体の必要な部分に運んでくれる役目をしてくれます。

食事だけで亜鉛を摂取できない場合には食品としてのサプリで直接摂取する場合も可能です。ネイチャーメイドの亜鉛からつくったDHC亜鉛などがその代表ですが摂取する際にとくにアトピーなどの症状のある人は医師の診断をうけて効果を見ながら過剰摂取しないようにすることが大事です。サプリは効果は早く現れるかもしれませんが出来ることならば食材から摂った方がいいのではないでしょうか?食べ物をおいしくいただいてストレスもなくより効率的に亜鉛を摂取できるハズですよね