新幹線について

新幹線は200キロメートル以上のスピードで走ることのできる、鉄道です。そのため一般鉄道とは違った法律の扱いを受けています。

現在新幹線は旧国鉄のJRにしか存在しません。経営にはかなりの費用がかかるためから、資本力のあるJRだけであると言うことです。

新幹線の名前には「新しい幹線」と言う意味があります。200キロメートル以上のスピード運行のために、在来線鉄道とは違う色々な技術が取り入れられています。

又乗り心地のよさや、安全性に関しても高い水準となっています。

1964年10月1日の開業以来、40年以上も乗車客の死亡事故は発生していません。
安全で、速くて、快適な乗り物新幹線!!私は2~3度しか乗った事がありませんが、今度旅行する事があれば、是非利用してみたいものです。

この記事の全文をみる