切り絵の良い所

スポンサードリンク

切り絵は和の絵も洋の絵も独特の雰囲気で表すことができます。簡単な絵から細かい複雑な絵も、カッターで切っていくと自分にしかないオリジナルセンスを引き出すことができます。

白い背景に黒い紙の切り絵をよく見かけます。モノトーンなのにものすごい存在感があって、色も付けることができ、いろんな表現ができます。

切り絵を試してみよう!

まず始める前に用意する道具は、絵を描く白い紙と切る黒い紙とカッターと傷防止のためのマット、または新聞紙です。指先に自信がある人は細かい絵、自信がない人は大きい絵から始めていくと良いでしょう。カッターの扱い方に慣れてくるとスイスイと切れて、案外簡単に出来上がります。

どんなウエルカムボードにする??

                    スポンサードリンク

披露宴に招待された人が始めに目に付くと言えば、受付にあるウエルカムボードです。単純なものよりひときわ目をひく存在感のあるものがいいですね。披露宴までの待ち時間に見て楽しんでもらえます。

二人の似顔絵、文字や名前だけのもの、二人の思い出の場所なんかを絵にするのもお薦めです。結婚式以外にもいろんな記念日や、誕生日のプレゼントなんかにもいいでしょう。自宅の玄関にお客様をお迎えする為のウエルカムボードをや、和室には日本画、洋室には有名な絵画を真似たものなどいろいろ楽しめます。

切り絵の道を極めたい人はいっそのこと学校などに通うのもいいですね。切り絵は独特の繊細が出るし、なんといっても手作りは作った人の性格そのものが出るし世界に一つだけしかないあなたの素晴らしい芸術作品です。

時間をかけて作った分愛着もわきます。指先を使う作業は脳の活性化にもいいし、芸術の秋に何かを始めたいと思っているあなた!ぜひ切り絵に挑戦してみませんか?