釜について

和食のお店、釜の座の名前にも使われている「釜」についてですが、この釜とは鋳造された金属製の道具の事で、蓋は木製です。

ちなみに鋳造と言うのは、固体が液体に変わる温度の融点より高い温度によって、材料を液体にしてしまい、それを型に入れて冷やして、作りたい形に固めて作っていく加工の仕方の事を言います。このように作られた釜は、ご飯を炊いたり、お湯を沸かしたりと言う使い方が一般的に知られていますよね。釜飯などは有名です。釜飯の駅弁を販売している駅も非常に多いです。

釜と言ったら日本料理、そして和食が思い浮かびます。釜で炊くご飯は本当においしいです。そういう意味からも、釜の座と言う名前がつけられたのかなぁなんて勝手に想像したりしています^^お店の名前からも、おいしそうなお店と思ってしまうのは私だけでしょうか?

この記事の全文をみる