秋篠と特別養護老人ホーム、病院との違い

スポンサードリンク

秋篠のような「介護老人保健施設」と「特別養護老人ホーム」や「病院」との違いを考えてみましょう。

特別養護老人ホームでは、家庭では介護が難しく、常に介護を必要とする人、寝たきりの人や、痴呆などの病状をもつ人が入居します。専門的に介護を行ってくれる施設といえます。

また、病院では、みなさんご存知のように治療を優先的に行ってくれます。病状が重く、病気の進行が早いなどというお年寄りが利用する施設ということになります。

では一体、秋篠のような「介護老人保健施設」ってどんなところなんでしょうか?

介護老人保健施設では、痴呆のあるお年よりも利用しますが、病状がわりと安定している人が対象です。看護や介護、リハビリなどを主にしてくれる施設です。入居者が自宅に戻った後も、通所リハビリなどの支援を行ってくれるところが多いようです。

退所後も、顔見知り職員さんに会えたり、以前お世話になった介護士さんにリハビリを手伝ってもらえるのは心強いですよね。わたしの叔母もこのような施設を利用していましたが、介護士さんやヘルパーさんにはほんとにお世話になり、本人を含め、家族皆で喜んでいました。

このことからもわかるように、介護老人保健施設の秋篠は、特別養護老人ホームや病院などといった医療機関の良いところを併せ持った施設といえます。

介護士不足の問題

                    スポンサードリンク

肉体的に大変な仕事であることや、労働に見合わない収入の低さから、介護福祉士になる人材が減っているそうです。

介護専門職の人材を育てる学校では、年々、定員割れが続いています。日本の高齢化社会に伴い、今後ますます、介護老人保健施設や老人ホームなどの施設に対する需要が高まると思います。

人は必ず年老いていくもの。決してひとごとではありません。国民みんなで、今後の日本の老人福祉について真剣に考えなくてはならない時期にきてるのではないでしょうか?

介護老人保健施設の秋篠でも、スタッフを募集しています。詳しくはお問い合わせくださいね。