インターンシップ制度

スポンサードリンク

インターンシップの制度は、学生のうちに自分が希望しているかまたは興味がある会社に研修生または、アルバイトとしてある一定期間働き社員として就業体験をしてみるということです。また、自分が希望している会社ではなくてもアルバイトや研修生として働いているうちに興味を持ち正社員として登用してもらうケースもあります。

インターンシップの会社の志望動機はインターンシップで正社員ではないので、給料面、待遇面などあまり深く考える必要がありませんが、一旦インターンシップに就いたらあまりいい加減な事はしないほうがいいかもしれませんね。

 インターンシップ制度は、会社側にも利点があります。通常学生は、就職活動を通していくつかの企業を受験します。しかしいくら自分の希望している企業についての情報を仕入れたとしてもせいせいそれは会社年鑑とかに載っている主な業務内容、資本金、社歴くらいではないでしょうか?実際に社会に出ていない学生にわからないところはたくさんあると思います。それで、会社の知名度や業績などで安易に選びこんなはずではなかったと入社後思う人がいてもおかしくありません。

会社側にしてもたった15分ほどの面接で候補者を評価、選考するのは難しいのではないでしょうか?

海外インターンシップ制度

留学経験などが志望動機の人なら海外インターンシップにもチャレンジしてみるのもいいでしょう。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、中国、シンガポールなどインターンシップの制度を導入している国もありますので。語学の勉強を兼ねて経験するのもいいかもしれませんね。

インターンシップでの礼儀

                    スポンサードリンク

インターンシップの制度をとっている会社は、ミツカン、JAL,富士通、森永製薬、オリックスなどの企業です。他にも沢山あるのでリクナビとかで探してみてはいかがですか?給料は研修生扱いなので期待はできませんがいい経験ができるでしょう。

 インターンシップが終わったら感想などを添えてお礼状を書くのがマナーです。お礼状の書き方は基本的に自由ですが、レポート形式にして自分の目的が達成されたか、意味のあるインターンシップだったか、もう一度振り返って書いてみてさらに、お世話になったお礼も付け加えたら会社の評価も上がるのではないでしょうか。

 インターンシップ中は服装にも気をつけて下さい。制服のある会社の場合はいいのですが私服の人は好感度の良いものを常に身に付けて下さい。