保証料制度

住宅ローンを組む際には色々な諸費用がかかります。その中でも大事なのが保証料です。住宅ローンも金融機関からお金を借りることになるので債務者が借入金を返済できなかった時に代わりに返済をする連帯保証人が必要です。

借入先によってはこの連帯保証人制度をとっているところもありますが、大体は保証制度という連帯保証人の代わりを保証会社が行う制度が行われています。保証金を保証会社に支払えば連帯保証人を立てなくても銀行から借り入れができます。

この保証会社は、だいたいは借り入れする銀行の傘下の会社であることがほとんどです。保証料は、借入先の銀行の審査によりますが年収や職業とくに自営業の人はバラつきがあります。保証料は返還されないので結構大きな出費になりますが連帯保証人を立てたりすることを考えると簡単に事がすんで良いのではないでしょうか。

ただ、保証料を払ったからといって債務がなくなったわけではなく万が一ローンが返済できない場合には保証会社が債務を肩代わりしてくれますが債務者は、今度は保証会社にローンを返済しなければいけません。最悪の場合は、住宅の売却になります。
 いずれにしても、金利動向を見極めて無理のない返済プランを立てるのがいいですね。

この記事の全文をみる