ショート

スポンサードリンク

ショートスタイルの場合、しっかりとセットで華やかさを演出することが重要なポイントとなってきます。
パーティースタイルの場合だとサイドから後ろにかけて外巻きにしてキュートさを演出するのもよいですね!

その際トップにボリュームを持たした方が今っぽく仕上がりますので前髪をポンバドールにしたり後頭部の髪はカーラーを使用してボリュームアップさせたりと工夫しましょう!

またショートカットでありながらアップスタイルのような演出をするには後ろ髪の内側をピンでねじり止め残った髪の毛を全体に大きく内巻きカールにします。

その後、内側の髪の毛を覆い隠すかたちでピンをとめていくと華やかなアップスタイルのように仕上がります。この時えり足の髪の毛はおくれ毛のように垂らしておくと今っぽい感じになります。

セミロング

セミロングになるとアップスタイルでもダウンスタイルでもパーティースタイルのヘアアレンジは多くあります。
自分で簡単につくれるのがサイドでのアップスタイルですが見た目にはすごく凝ったアレンジにみえますが実は簡単に作れるのでお勧めのスタイルです。
全体にヘアーアイロンやカーラーなどを使用してざっくりと髪の毛を巻いておきます。
このとき後でまとめてしまうのでそれほど丁寧に巻く必要はありません。
髪の毛を全体に上下2つの位置で分け髪の毛を止める位置にむけてワックスを使用しながらまず下の部分をピンでとめていきます。
そして、上の髪の毛を覆いかぶせる形でアップの位置でとめていき、そのあと毛先のカールをほぐしながらボリュームアップさせれば完成です。

アップの位置は高い位置にまとめると可愛さを演出できますし、低い位置にまとめると上品で大人っぽいイメージに仕上がります。前髪は8対2ぐらいで分けて斜めに流す感じに仕上げるとフォーマル感がより一層高まります。

ロング

                    スポンサードリンク

ロングスタイルの人は思い切って華やかなアップスタイルやハーフアップスタイルの方がすっきりとスタイル良く見えます。

ハーフアップスタイルの場合は髪の毛を上下2つに分け上部分をアップにしますがその際おだんごはしっかりと巻き髪をつくっておきボリュームを持たした方が華やかさを演出することができます。

下に垂らす髪の毛は比率をすこし少なくしおくれ毛のような感じで垂らすほうが色っぽいですよ。フルアップで夜会巻きなんていうのも大人っぽく洗練されたスタイルになります。

しかしフルアップにするときは顔の形などでイメージも変わってきますのでカタログなどを参考にボリュームを変えながらアップスタイルを作成する方がよいですね。