犬の作り方

まず、風船をふくらませます。そして結び目側から、3センチくらいのところを、くりくりくりっとねじります。一個の膨らみができましたね。そして同じ間隔で後2個作ります。全部で3個できたら、2個目と3個目の膨らみをキュッと合わせ、ねじります。(ねじる方向は一定に。)この部分が犬の耳ですね。一個目の膨らみが顔にあたります。
 次にまた3個膨らみをつくります。(1個目は犬の首、2・3個目は前足になります。)また2個目と3個目を合わせ、ねじります。すると、前足までできましたね。

 最後に、また3個膨らみを作ります。(一個目は犬の胴、2・3個目は後ろ足になります。)2個目、3個目を合わせてねじると…できましたね~犬が!おしりが長くなっちゃってると思うので、適当の長さでキュッと絞ってくぎり、はさみで切っちゃいましょう。しっぽの長さも考えて、結ぶのを忘れないようにしてくださいね。

 バルーンアートでは犬が基本の「き」だそうです。つくり方は簡単でも、実際作ると足の長さが違ったり、顔や胴が長くなったり…。慣れるまではしょうがないですね。

この記事の全文をみる