電報の文面

結婚式、お悔やみ、敬老の日、出産祝い、お誕生日など、電報を利用するシーンは結構あります。以前は電話でしか受付がありませんでしたが、最近ではインターネットから申し込みができるので、とても便利になりました。電話からであれば、電話帳に載っている例文から選んでおくか、オリジナルの文でも、受付の人に自分で読み上げて伝えなければいけません。私はこれがどうも恥ずかしくて苦手でした。ですがホームページの申し込みフォームからであれば、てれくさいセリフやユーモアのあるおもしろいメッセージも入力できてしまいますよね。

この文面は文字数によって値段が変わってきますので、例文を利用するのもいいですが、料金を調整したい人は短くても気持ちの伝わる文章を考えるといいですね。料金はNTT西日本では一番安いものでは1,050円からで、高いものは10,500円まであります。
台紙料金+文字数の料金が電報利用の値段になり、これにオプションをサービス利用する人はその料金が加算されます。

支払いはNTTの電話を利用していない人はクレジットのみの支払いになります。NTTの電話を利用の人は電話料金と一緒に引き落とすか、クレジットを利用するかを選択する事ができます。ホームページで、キャンペーン情報なども忘れずにチェックしてくださいね。

この記事の全文をみる