全日空の株価

スポンサードリンク

全日空の株は売買単位は1,000株となっています。全日空の新潟福岡便の8月の搭乗率は80%と発表されました。9月の搭乗率が7割を下回ってしまった場合は廃止になってしまいます。8月までの目標は達成をしているので、存続の可能性は大きくなりました。
株価の変動とともに、このような情報も随時チェックしながら、株の売買を検討していきましょう。

全日空をよく利用する機会がある人、仕事でよく利用する人などは、全日空の株主優待券などのメリットが嬉しいですよね。株主優待の内容は変更する場合があります。日本経済新聞社が発行している「日経会社情報」で最新の情報がわかりますよ。

株式取引をはじめよう

株のメリットは、売却益、配当金、株主優待の3つです。売却益は、安いうちに買った株を、高くなった頃に売って利益を得ることです。配当金は、株をもっていることで年に1~2回企業から利益還元があります。株主優待は、企業から色々送られてくるプレゼントです。ただ株はメリットばかりではなくリスクも覚悟で始めたほうがよいでしょう。

そんなに大金がなくても買える株もあります。企業によって売買単位が違います。ある企業の現在の株価が400円とし、売買単位が100株だったとしましょう。すると、40,000円と手数料があればその企業の株が買う事ができると言うわけです。

最近では、インターネットで株のはじめかたを説明しているサイトがたくさんありますので、興味がある人は調べてみて、はじめてみてはどうでしょうか?

全日空について

                    スポンサードリンク

正式名称は全日本空輸(株)と言います。1952年12月27日に設立されました。現在の代表取締役社長は山元峯生氏です。本社は港区東新橋にあります。

全日空の基本理念は、「安心」と「信頼」。さすが多くの人を乗せて空を飛ぶ仕事をしている会社らしい理念ですよね。

パイロットや、客室乗務員はあこがれられる職業のひとつだと思います。全日空の採用情報は、ホームページに掲載されています。希望されている方は、是非チェックしてみてくださいね。

もちろん時刻表や、運賃、キャンペーンなど、あらゆる情報が載っていますので利用してください。

又、東京国際空港の新整備場地区にあるANA機体メンテナンスセンターが予約制で機体工場見学が可能です。飛行機に興味がある人、又整備や改修をしているのか見学されたい人は是非行ってみてください。