せっかく雨戸があるのに使えない・・・!

スポンサードリンク

近頃は、電動式の雨戸や、全自動シャッター、ブラインドのように開閉でき、通風をよくする雨戸など便利な雨戸がたくさん販売されています。

しかし昔ながらの雨戸も多く見られ、そういった家庭では「雨戸が古くなって重い!朝夕の開け閉めが大変」ということを聞くことがあります。

こんな場合は修理をする前に、まず、レール部分の掃除をしてみましょう。修理をしなくても、それで簡単に改善できることもあるようです。直らない場合は、戸車が擦り減っていたり、時間の経過とともに、鴨居が下がってきていたり、雨戸がはまっている枠全体が傾いていることも考えられます。そういった場合は専門業者に修理を依頼するといいと思います。

いきなり雨戸の全部を取り替えるのではなく、部分的な修理が可能か確認してみましょう。そうすると、修理代金も抑えられますね。

風雨を防ぐ以外にもこんな効果が!

                    スポンサードリンク

マンションや二階部分でも、雨戸は、防犯対策の意味でもぜひとも必要といえます。もし私が泥棒なら、雨戸のある家よりは、間違いなく雨戸のない家を狙いますから・・・(笑)

しかし、雨戸があるからと安心しすぎないことも大切です。外から簡単に外されてしまうものでは無意味ですよね。内側からロックできるものだと夜も安心して眠れます。また、夏など風を通したいけど、なんだか無用心で・・・という人には、施錠したまま風を通すことのできる雨戸もあるそうです。便利ですね!

それに雨戸には、断熱や防寒効果も期待できます。例えば部屋の中でも、カータンを引いているのといないのとではエアコンの効き方が違います。それと同じような原理ですね。また、交通量の多い道路沿いの家などは、防音効果も期待できそうですね。

雨戸って、こんなにたくさん役に立ってくれる働き者なんですね~!「ウチの雨戸、ずっと壊れたまま・・・(--;)」なんていうお宅はすぐに修理を依頼した方がいいかも!